洗心園の想い

ほぼ全員が国家資格を持つ78人の職員体制

洗心園は複数の老人福祉サービス事業を運営しています。

洗心園は複数の老人福祉サービス事業を運営しています。

社会福祉法人 洗心会は、「特別養護老人ホーム洗心園」「デイサービスセンター洗心園」の二つの施設を設置し、介護老人福祉施設、短期入所生活介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業等の介護保険事業を実施しています。
老人福祉に関する各種サービス事業を展開することで、各利用者様の異なる状況やニーズにお応えできるだけでなく、各事業の職員が相互に協力する体制を取る事が可能になります。洗心会全体で正職員・非常勤職員を合わせて78人(男性は26名、女性52名)おり、世代交代が進んでおり比較的若い職員の人が多く、平均年齢は男性が39.1歳、女性55.6歳と活気ある職場です。また、60歳以上の職員も25人以上在籍し、高齢者雇用を積極的に行って、ベテランの経験を活用しています。多くの職員が介在することで、利用者様一人ひとりに目が届き、状況を把握することで、一人ひとりを大事にするサービスを実現しています。
また、多くの外部ボランティアの方にもお手伝いしていただいており、更に充実した人的体制を取ることを可能にしています。

何度も何度も繰り返す研修。

何度何度も繰り返す研修。

洗心園はベテランから新人までキャリアも年齢も様々です。
皆が同じように高いレベルで利用者の皆様が安心できるサービスを行えるよう、何度も何度も定期的に同じ内容の研修を繰り返し行います。

お一人おひとりの状態に合わせた食事。

お一人おひとりの状態に合わせた食事。
お一人おひとりの状態に合わせた食事。

洗心園では食事に関しては、決して急がず、お一人おひとりの状態に合わせたかかわりを行っています。
食事を自分で食べられない方には介助を行い、できるだけ目線を合わせた介助をするように利用者様の側に椅子を置きペースにあわせた介助を行っています。しっかりと飲み込まれたかを常に確認しながら、安心安全な介助を心掛けています。
様々な障害や病気をもって生活され普通の食事を食べられない方もたくさん居られるので、食事形態も日々の状態を寄り添いながら確認し、最適な食事を提供しています。
食事摂取量が少なく食事の進まない方には、栄養補助食品を提供しています。

施設内感染を許さない体制

徹底した衛生管理・栄養ケアと清潔な環境づくり。

施設内感染を許さない体制
施設内感染を許さない体制

毎年インフルエンザの季節になると必ずニュースにもなる院内感染や施設内感染。洗心園も多くの利用者様を抱える上で、感染シーズンには厳重な対応を行います。
洗心園には、職員だけでなく前述したとおり、多くの外部ボランティアの方や利用者様のご家族、出入りの業者の方が多数出入りします。感染シーズンにはご来園者の体調の申告やマスクの着用・手の消毒の徹底を行い病原菌を持ち込まない対策を行っています。
健康に過ごしていただくためには、しっかり食べることが大事です。洗心園では出来るだけ口から食べて頂けるよう取り組んでいます。栄養ケアマネジメントを行い、栄養ケア計画書を作成し、歯科医師の指示・多職種で確認を行いながら、最期まで口から食べる事を目標に取り組みます。
また、食事の前の手洗いや消毒、食後の歯磨き等、徹底した衛生管理と清潔な環境づくりをすることで、医務室の看護師を中心に利用者の皆様だけでなく職員の健康管理も徹底しています。

0829-55-0112

資料請求・お問い合わせ